なめらか美人になって、若さを手に入れる

なめらか美人になって、若さを手に入れる

肌がなめらかで美しくなると若々しく見え、化粧をしたときにノリが良くなり映えて綺麗になります。

 

なめらか美人になって、若さを手に入れましょう。

 

 

美人

 

 

食べもので美肌や美白になる方法を紹介したいと思います。まず、腸内環境を整えて腸を綺麗にすることが大切です。乳酸菌が豊富なヨーグルトや納豆、食物繊維がたっぷり入っているキノコ類を毎日食べると、お通じが良くなり美肌になります。腸が綺麗になると血液が綺麗になり、結果的に肌がなめらかに美しくなります。

 

 

毎日スッキリと快腸になると、体の調子も良くなって健康的になるので、気分も良いですし、一石二鳥です。不思議な感じがしますが、くすみがちだった顔も白くなってきます。納豆には、ポリグルタミン酸というヒアルロン酸の10倍の保水力があり、保湿力が抜群にあります。顔だけでなく、体全体の肌が潤うようになりました。納豆には、ポリアミンという、若返りに関係する物質も含まれています。

 

 

納豆の中には、納豆キナーゼという、血栓を溶かしてくれる成分も含まれていて、健康効果も抜群です。まれに、納豆を食べ忘れてしまった時の肌の調子は、ザラザラして触った時の肌ざわりがあきらかに違います。見た目にも透明感がなくなってくるような感じがします。納豆パワーのスゴさを実感しています。これだけ美容と健康効果が高いのでおススメです。

 

 

ヨーグルトや納豆は完全栄養食なので、アミノ酸になどの栄養価も抜群に優れているところもおススメの理由です。また、飲む点滴と言われている甘酒を朝食時やおやつ代わりにに摂ると良いでしょう。美味しいので毎日続けやすいです。甘酒は、皮膚を活性化し保湿してくれる効果があります。また、ビタミン、ミネラル、オリゴ糖、食物繊維が含まれていて、美容健康効果が高いです。

 

 

甘酒は栄養が豊富に含まれていてダイエット効果もあると言われています。
これらの美肌や美白、アンチエイジングに効果のある食べものを毎日摂りいれて、ぜひ美しくなってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

老けないようにするために普段から気を付けていること

 

 

 

乾燥を防ぎ保湿をしっかりすること

 

年齢を重ねていくごとに、顔や体の水分量もどんどん低下していきます。水分量が低下すると、乾燥したり、しわができやすくなったりしてしまうので、私は顔と体にたっぷりの保湿を心がけています。まずお風呂上がりには顔にたっぷりの化粧水を叩き込みます。その後乳液をつけてふたをします。体には、全身用クリームをしっかりと塗って、そのクリームを塗りながら体もマッサージしていきます。

 

 

お風呂上がりの血行がいい状態のときにマッサージした方が、体もよくほぐれるし、一日の疲れもそのマッサージと共にほぐしていきます。顔から足の指までくまなくクリームを塗り、全身保湿ができたら完璧です。あと私が保湿で気を付けているのは、手を洗ったりしたらその後すぐに手にクリームを塗るように心がけています。手が乾燥していてカサカサだと、見た目もかわいそうだし、ボロボロの手は老けて見える原因にもなってしまうので、人からよく見られる手は、特に気を付けて保湿するようにしています。

 

 

目元のケアをしっかりすること

 

やっぱり顔の中でも目元のしわだったりが年齢を感じる原因になってしまうことが多いので、私は目元のケアを毎日しっかりと行っています。目は毎日使うもので、非常に疲れが溜まっている場所でもあるので、毎日必ず一回はホットタオルで目や目のまわりを温めています。目や目のまわりをじんわりと温めることで、目の疲れは改善され、目の下にあるクマにも効果があります。

 

 

化粧をする前などにこれをすると、目元がシャキッとなるのでアイメイクもばっちり決まります。あとは寝る前に、目元専用のナイトクリームをたっぷり塗って、しわを予防しています。主に、目尻や目の下などに塗って、乾燥や小じわを防いでいます。

 

 

メルライン