若い顔をキープ!顔のほうれい線を改善する3つの習慣

若い顔をキープ!顔のほうれい線を改善する3つの習慣

顔のほうれい線は、年齢を重ねるごとに濃くなっていきます。

 

 

ほうれい線が濃くなると見た目も老けて見えるようなってしまいます。ほうれい線が濃くなる原因ですが、肌のハリが無くなるためです。肌のハリや弾力がなくなる原因としては、コラーゲンが減少するためです。コラーゲンが減少する事で肌がたるんでしまいほうれい線が濃くなる要因となっまいます。コラーゲンが減少するのは、肌が乾燥したり強い紫外線を浴びたりする事が主な原因と言われています。

 

 

また、年齢の増加とともに顔の筋力が衰えていく事もほうれい線が出来る原因となっています。年齢を重ねてもいつまでも若く見えるようにほうれい線の対策はとても重要となります。顔に出来てしまったほうれい線を少しにも薄くするには、3つの習慣を心掛けると良いです。まずは、顔の保湿ケアになります。肌が乾燥すると肌自体にハリが無くなりほうれい線が深くなる原因となります。

 

 

美容液や保湿クリームを使って肌の潤いをキープする必要があります。冬場の乾燥する時期には、どうしても肌が乾燥しやすくなります。十分に保湿ケアをする事でほうれい線を薄くする事が出来ます。次にほうれい線に効果のある食事も重要となります。コラーゲンを含む食材に合わせて摂取すると良いのがビタミンCです。ブロッコリーやじゃがいもにビタミンCが多く含まれておりこれらの食材を使った料理を食べる事で肌にハリが戻りほうれい線を薄くする効果があります。

 

 

3つ目は、顔の筋力を鍛える事が有効です。食事を取るときによく噛んで食べたり表情筋のエクササイズを行う事で顔の筋力をアップさせ肌のたるみを抑える事が出来ます。年齢を重ねると特に表情筋の低下が大きくなります。日々のエクササイズが大きな効果を発揮します。以上の3つの項目を日常的に意識する事でほうれい線を予防出来ます。

 

 

肌のハリや艶を意識した規則正しい生活習慣を実践する事でいつまでも若い顔をキープ出来ます。