思春期ニキビと大人ニキビの違いとは何でしょうか

思春期ニキビと大人ニキビの違いとは何でしょうか

若い頃からニキビで悩んでいる人は、ニキビと言えば今の自分にできる症状のことだと思っているのではないでしょうか。

 

 

ところがニキビの改善方法を調べていたところ、「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」でケアの方法が分かれることがあります。
今の自分のニキビは昔とは違うものかも知れません、この2つのニキビの違いとは何でしょうか。

 

思春期ニキビとは

 

思春期ニキビとは、文字通り10代で思春期のさ中の人にできるニキビです。
10代では成長ホルモンが活発に分泌され、皮脂腺を刺激するので皮脂の分泌が過剰になりがちです。
その為に毛穴が詰まり、そこにニキビの原因であるアクネ菌が繁殖して炎症を引き起こすのです。
10代でニキビが多い人は、それだけ身体が成長しているという証拠ですね。

 

20代になってホルモンバランスが整えば、思春期ニキビは段々と治っていくのです。

 

大人ニキビとは

 

ところが、20代を過ぎてからもニキビができてしまう人がいます。
大人ニキビというのは基本的に月に1回程度ポツンとできるものですが、中には多くのニキビができている人もいます。
この大人ニキビは、現在のところ原因が一つとは限りません。
10代の頃から常にニキビに悩まされている人の場合、ホルモンバランスが悪く、思春期ニキビが大人ニキビに引き継がれている可能性があります。

 

また、社会人になって仕事でストレスが溜まったり、飲酒や喫煙の機会が増えると、肌の免疫力が低下してニキビが出来易くなります。
元々食生活が不規則で、栄養バランスが悪い人も、常にニキビに悩まされることになります。

 

それぞれに対するケアの違い

 

思春期ニキビを治そうと思ったら、皮脂の量を抑える為に丁寧に洗顔をして、保湿をすることが大切です。
一方、大人ニキビを治そうと思ったら、生活習慣を見直して身体の免疫力をアップさせることを考えます。

 

 

肌のケアだけではなく、栄養バランスの良い食事をして、ストレスを減らし、良質の睡眠を摂ることが大切です。